MENU

製品紹介

Product

image
image

LSFTC

ボイラのLSFTCの目的は安心安全稼働と延命です。

蒸気ボイラーの正常稼働/維持管理に必要不可欠なのは適切な水処理です。
以前は、ヒドラジンが主原料の清缶剤が多く使われていましたが、発がん性が証明され、以後仕様禁止となっています。今はリン酸塩系や亜硫酸ナトリウム系が主流を占めています。

食品衛生工場や病院では、厚生労働省認可の食品添加物(化学薬品)を主原料とする清缶剤が使用されるようになり、遥かに安全になりました。しかし、水処理の方法が、現在もなお化学薬品処理であることに変わりはありません。LSFTCはその性能により、水質の改善をすることで、化学薬品処理を不要にしました。止むを得ず化学薬品処理(清缶剤)に依存していた企業にも、新たな選択肢が増えたのです。

image
apl
apl
apl
graph

商品説明

型式 サイズ
(㎜)
処理流量
(ℓ/時)(貫流)
①LS-20 140×267 〜180
②LS-40 180×850 〜750
③LS-50 200×850 〜948
④LS-65 265×850 〜1,875
⑤LS-80 320×850 〜3,125
⑥LS-100 385×850 〜5,625
⑦LS-160 800×850 〜6,500
⑧LS-180 800×850 〜9,000
⑨LS-200 800×850 〜12,000
⑩LS-280 1200×850 〜16,000
⑪LS-300 1200×850 〜18,000

※ 事前に、聞き取り調査(ヒアリングシート)や現地ボイラー確認調査を行ったうえ、適切な型式を決定します。

image
  • image

    飽和蒸気を加熱蒸気に変容させ、
    エネルギーコストを削減する

    バイソンサイクロン

    別な動力やエネルギーは不要。
    自己完結型の画期的な製品です。

    公式サイトはこちら »

  • image

    新世代オリフィス式
    スチームトラップ

    エコトラップ

    従来のスチームトラップが抱える多くの問題を解決する画期的なスチームトラップです。

    公式サイトはこちら »

  • image

    「脱!化学薬品」
    安心・安全なボイラー水処理装置

    LSFTC

    ボイラーの正常稼働/維持管理に適切な水処理で、LSFTCは化学薬品処理を不要に出来ます。

    詳細はこちら »